読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレ娘。

「テレビで見かけた娘。さんたち」 略して、テレ娘。 テレビ好きの目線から、画面に映った娘。さんたちについて触れます。

※ことわりなくツイッターの発言をお借りする場合があります。不都合がありましたらコメント欄にてお知らせください。

第12回ハロプロ楽曲大賞 投票

 第12回ハロプロ楽曲大賞 投票 - テレ娘。
このエントリーをはてなブックマークに追加


今年も締切ギリギリの投票となりました。

第12回ハロプロ楽曲大賞2013 第12回ハロプロ楽曲大賞2013


以下、カウントダウン形式で。



第5位 ザ☆トレジャーボックス/℃-ute 0.5pt

Crazy 完全な大人(初回生産限定盤B)(DVD付)

Crazy 完全な大人(初回生産限定盤B)(DVD付)

X JAPAN(当時「X」名義)の『JOKER』を思わせる軽快なパンクロック・エンターテイメント。モロにその世代なので、ひたすらカッコイイなあと聴き惚れて気分もアガります。武道館決定直前、上り調子でいけいけドンドン状態の℃-uteだったのにマイナーなシングル曲が続いてフラストレーションがたまっていたので、コンサートに一気に火が点きそうな「攻め曲」の登場に小躍りしました。



第4位 ヤッタルチャンスマイレージ 1.0pt

チップチューン音源が大々的に組み込まれ、以前よく聴いてた『ウサギチャンスーパースター!!』のようなエレクトロ・キューティ・ポップの世界観がハローのメジャーシングルで実現するなんてとても画期的でワクワクしました。この少し前にリリースされたアルバム曲『新・日本のすすめ!』がラジオで初披露された時、色んな物がおもちゃ箱ぎっしり詰まったように元気で楽しいスマイレージがあふれて喜んでいたのだけど、この曲が決定打になりました。また、一皮剥け切れずにいたかななんが この曲を愛し この曲に勇気づけられ この曲を引っ張る存在として 自分の力で仕事をやり遂げたのは意義深いことでした。



第3位 ロマンスの途中/Juice=Juice 2.5pt

今年の楽曲の中で最もつんく♂Pの本気が感じられた王道のディスコファンク歌謡曲。メジャーデビューに際していわゆる「伝家の宝刀」を抜いた印象を受けました。聴いた途端にメロディが頭に入ってきた『The 摩天楼ショー』を思い出しましたが、案の定、同様に聴き終えた瞬間から脳内でヘビロテが始まりました。苦難に見舞われたデビュー前後は涙の連続でしたが、ひとたびパフォーマンスが始まるとクールな彼女たちにぴたりとハマり安心して観入ることの出来る曲。佳林ちゃんの足も治ったセカンドシングルのリリースイベントでは、池袋サンシャインシティの地下1階から3階までが一体となる立派なステージアクトが観られて胸のすく思いでした。



第1位 愛の軍団/モーニング娘。 3.0pt

道重ボイスを加工したDE DE MOUSE風のイントロから始まるエレクトロポップと金管楽器を多用したアレンジがお気に入り。つんく♂Pの信念が込められた哲学的でエモーショナルな歌詞には、一人で引っ張る立場となった道重リーダーの生きる道が示されていて唸ります。れいな卒業後第一弾ということで、ガキさん後の『One・Two・Three』のような意欲作が期待される中、ハロ!ステで初披露されたMVの出来栄えにTLが沸き返ったのをよく憶えています。舞台公演を挟んだことによる「娘。不足」も相まって、空腹を満たすようにみんなで繰り返し観た足跡は今も再生回数の形で残っています。個人が上げたコピーがニコ動音楽動画ランキングで三日連続1位のまま削除されたのもある意味この曲の武勇伝。そして10人の愛の軍団が使命感をまとって奔走したあの暑かった夏も忘れられません。記憶に残る力作。
「れいなが抜けてパワーダウンするのは覚悟しなきゃいけない……」なんて言ってたのが今ではウソみたいよね(笑)

<参考>8/28発売 モーニング娘。54th『愛の軍団』感想まとめ - Togetter 8/28発売 モーニング娘。54th『愛の軍団』感想まとめ - Togetter



第1位 すっちゃかめっちゃか〜/Berryz工房 3.0pt

Berryzマンション9階

Berryzマンション9階

明るく楽しいBerryz工房らしさが飛び出してきて、初めて聴いた時はただただ笑顔になりました。ひとりひとりの個性が一丸となって突き進む勢いがアルバムの一曲目にガツンとぶつけられて最高のオープニングになっています。今年は、ハロプロ全体的にシングル曲のMV動画の質が上がり楽曲のアレンジも多様化したけれど、テクニックうんぬんでなく、キャラクターとマッチすることでコレ!と思える楽曲は、自分の中でこれがずっと1位でした。




次点

■ レディーマーメイド/SATOUMI movement ダイヤレディー
■ 新・日本のすすめ!/スマイレージ
五月雨美女がさ乱れる/Juice=Juice
■ 天まで登れ!?/ハロプロ研修生
■ Happy大作戦/モーニング娘。

後ほどコメントを追記します。





MV部門

第3位 わがまま 気のまま 愛のジョークモーニング娘。 0.5pt

客席に誰もいない舞台で照明もまばらな中、必死に踊って「愛されたーい!」と訴える姿に、やがて大勢の観客から愛されるであろうことを予見させる 新生モーニング娘。のプロローグのようなものを感じました。


第2位 もっとずっと一緒に居たかった/Berryz工房 1.5pt

人形のように操られるダンスと不安そうな表情に女性らしい か弱い内面 が表現されています。サビのパートで記憶をたどるように「優しかったあなた」「ずっと一緒に居たかった」と過去形で語って薄っすら笑みを浮かべると、もう戻らない相手への後ろ髪ひかれる思いが伝わってきて何とも切ない。故意なのか偶然なのか分からないけど、雨で悲しみを表現する映像は℃-uteが先行してリリースしたシングル曲でも用いられており、℃-uteが明るく乗り越える気丈さを伝えたのに対し、Berryz工房は未練を隠し切れない弱さを表現していて、この対比も見応えがありました。明るく楽しく活動的な印象のいつものBerryz工房とは別の一面だけれども、きっちり演じ分けられていてお見事。


第1位 悲しき雨降り℃-ute 4.0pt

表の顔を撮影現場の映像で 心の内を雨の映像で それぞれ分けて表現し、心の中では土砂降りのように泣きながらもお仕事では明るく振る舞うという、気丈な女性の内と外との対比が描かれています。これにより、明るくハツラツと踊るほど悲しみを振り切ろうと必死に見える巧妙な仕掛けになっています。悲しい曲を悲しい演技で表現するのではなく、℃-uteが評価されているダンスの腕前を上手く活かしていました。しかし、この仕掛けが効果を発揮するのは、℃-uteがこれまでどんな逆境でも悲しみを堪えてハツラツとそして謙虚に取り組んできた足跡があればこそ。彼女たちの内面の強さが映像の土台になっていて、実際の彼女たちもこうやって悲しみを乗り越えているのだろうとさえ感じました。アートワークが素晴らしく、かつ、ここまで楽曲のテーマとマッチさせた映像表現はこれまでには見られない秀作。

<参考>℃-ute 『悲しき雨降り』(22nd. 2013.07.10Release)レビュー - テレ娘。




推しメン部門

鈴木香音
すっかり名バイプレーヤーのポジションを確保していますが、ファンからしっかり者と目されていても、彼女本来の良さは 真っ先に行動する速さと度胸そして結果を残す勘の良さ。来年はちょっと欲を出して人より前に出て、静かなツッコミにもう一言加えてもいいんじゃないかなと思います。





選曲してみた感想

去年以上にコレ!という作品が少ない代わりに、優秀作品が数多く集まり、団子状態の中からの選考に悩みました。去年の『One・Two・Three』が大賞をとれなかった衝撃が浮かび、また 楽曲の良さを事細かにするボキャブラリーも持ちあわせていないので、より感性に従って選ぶことにしました。振り返れば嬉しい思い出の多い一年でした。





【参考】
第12回ハロプロ楽曲大賞 絞り込み中 - Watching MM。 on screen. :セミファイナル24曲

第11回ハロプロ楽曲大賞 投票 - テレ娘。 :昨年の投票


広告を非表示にする