読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレ娘。

「テレビで見かけた娘。さんたち」 略して、テレ娘。 テレビ好きの目線から、画面に映った娘。さんたちについて触れます。

※ことわりなくツイッターの発言をお借りする場合があります。不都合がありましたらコメント欄にてお知らせください。

℃-ute 『悲しき雨降り』(22nd. 2013.07.10Release)レビュー

 ℃-ute 『悲しき雨降り』(22nd. 2013.07.10Release)レビュー - テレ娘。
このエントリーをはてなブックマークに追加


本日公開の「ハロ!ステ #20」にて、℃-uteの22枚目のシングル悲しき雨降りのミュージックビデオが披露されました。


これまでにも、わたしたちは雨を背景にしたMVをいくつか見ています。
例えば、モーニング娘。で言うと、『AS FOR ONE DAY』や『泣いちゃうかも』が挙げられます。どちらも画作りとしてはキレイだったのだけど、ただ悲しい映像だったとしか印象に無かったりします。だから、今回の℃-uteのNEWシングルのタイトル『悲しき雨降り』を聞いた時にも、「またマイナー調の歌か……せっかくの明るさもダンスも活かされず可哀想……」というのが正直な印象でした。


が、この楽曲映像、ちょっと様子が違う。


Juice=Juice池袋イベント&6月の生タマゴShow&℃-ute新曲MV公開 MC:徳永千奈美【ハロ!ステ#20】


見た瞬間にパーッと世界観への感情が湧いてきたので、その第一感を文字に起こしておきたいと思います。





楽曲レビュー

舞台は、どうやら写真撮影を行うスタジオ。
そこで撮られている失恋のさなかのアイドルという設定らしい。


■悲しさを伝える仕掛け
撮影用のスクリーンの前で、いかにもアイドルらしいパステルカラーの爽やかな衣装に身を包む主人公たち。アイドルは常に笑顔でいるのがお仕事。何があろうと笑顔は変わらない。が、実はちょっと違う。おそらくアイドルというお仕事をしている女の子は、悲しい気持ちでいる時ほどつとめて明るく振る舞う
ここがこのMVのミソになっている。
格闘家が試合の中で関節技から抜け出そうと思った時、もがけばもがくほどかけられた箇所が逆に締まっていくように、アイドルが笑顔になればなるほど、同時に描かれる心に秘めた悲しみとのギャップは広がっていき、その対比がジワジワと悲しさを増幅させていく。


今の℃-uteといえば、ハロプロの中でも歌とダンスのパフォーマンス力が高いグループとして名前が挙げられる存在となった。その姿が栄えるように、ここ最近のMVは曲調や楽曲テーマとは関係なく、なるべく「℃-uteのパフォーマンスの良さを見せる」ような映像作りを心がけてきた。
しかし、今作ではその℃-uteのパフォーマンスを逆手に取ることを選択する。MVのテーマを楽曲のテーマに合わせて「悲しさを出す」ことに注力し、対比を生むための「大いなるフリ」として、℃-uteの面々は清々しい笑顔とパステルカラーの衣装で歌い踊るのである。


曲が始まると、悲しい心情を雨降りで表す画とクロスさせながら、笑顔を絶やすことなく爽やかな衣装をとっかえひっかえしながら溌溂と踊り続ける。悲しい感情が高まるサビ後の間奏部分に差し掛かるといよいよダンスはキレを増し、ポップな衣装が次々と素早く切り替わっていく。どしゃ降りの心の雨を振り払う懸命な気持ちを表しているように見えてくる。
けれども心の雨には、傘を差すことも出来なければ服を着替えることも出来ない。表面で一生懸命もがくように踊っても雨は避けられないし、衣装を取り替えても濡れた衣服はずぶ濡れのままなのだ。そこに逃れられない失恋のつらさが表現されている。なんともまあ、アイドルという仕事の残酷な一面が垣間見られる仕掛けになっている。
そうして、ダンスの切れの良さや可愛らしい笑顔、歌唱を合わせたトータルの爽やかさなど、℃-uteが素晴らしいパフォーマンスを魅せるほど悲しさが現れる仕掛けは実によく対比の設定が活きていて、この点は感心するばかり。


℃-uteの悲しさへのスタンスとテーマ
モーニング娘。が別れの悲しみを雨に例えたAS FOR ONE DAY*1『泣いちゃうかも』*2のPVは、どちらもひたすら「悲しい表情を作ること」によって悲しみを表現した。だから悲しみが拭えないままストーリーは終わる。そして、まるで売上の面で低迷状態にあった背景もあり、後ろ向きなモーニング娘。という錯覚を招いた
しかし、℃-ute「悲しい表情を作らないこと」で悲しみを表現した。それは悲しみを堪える術を知っている彼女たちを目撃することになる。それにより、窮地を乗り越えた強い℃-uteが認識される


曲の最後、心の中で泣き終えた彼女たちはやがて余裕の笑みさえたたえて、ちょっと大人を思わせるモノトーンの衣装で撮影を終える。まるで、「わたしはこうして大人になりました」と無言で結論づけているかの様。
歌詞の中では心の雨が止んだのか定かにはならないが、今の℃-uteがもし失恋したら、きっとこんな風に仕事にのめり込んでやり過ごすだろうと想像してしまう。℃-uteの凄まじい強さにそこはかとない畏れの気持ちを抱かせて締めくくり、自然と湧いてくる℃-uteすごい」の視聴後感がそのまま作品テーマとなっている



この映像が流れるや、TwitterのTLには、MVへの賛辞とともに「綺麗になったなあ」という感想が並びました。
気がつけば5人とも、かわいい「キッズ」の面影を感じさせない、美しい大人の女性の顔になっていて驚きます。それは、同期のBerryz工房に先行されて苦労したところから、自らを律して努力によって夢を叶えている内面の強さの現れなのではないでしょうか。
桃色スパークリング』『世界一HAPPYな女の子』のように可愛らしい楽曲ではないし、『JUMP』『Danceでバコーン!』『Kiss me 愛してる』のようにライブで夢中になれる楽曲かどうかも難しいですが、今ここに至った℃-uteのココロとカラダの強さや美しさを証明した会心の作だと思います。






【関連ツイート】