読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレ娘。

「テレビで見かけた娘。さんたち」 略して、テレ娘。 テレビ好きの目線から、画面に映った娘。さんたちについて触れます。

※ことわりなくツイッターの発言をお借りする場合があります。不都合がありましたらコメント欄にてお知らせください。

モーニング娘。ミチシゲ☆イレブン 全国11カ所同時握手会 の成果

 モーニング娘。ミチシゲ☆イレブン 全国11カ所同時握手会 の成果 - テレ娘。
このエントリーをはてなブックマークに追加


「可愛い子には旅をさせよ」と言いますが、ずいぶんとたくましくなっているのだなあと感心させられます。


130402(火)モーニング娘。ミチシゲ☆イレブン 全国11カ所同時握手会、マネージャーさんのツイッターからのメンバーのツイートまとめ - Togetter 130402(火)モーニング娘。ミチシゲ☆イレブン 全国11カ所同時握手会、マネージャーさんのツイッターからのメンバーのツイートまとめ - Togetter


なんだか一人旅を楽しむ余裕まであるみたい(笑)




つんく♂Pの展望

昨年の『モーニング娘。15周年特番』で、9期10期11期の今後について、つんく♂Pがこんなことを語っていて、以前から気になっていました。

「今回の9.10.11改革が上手くいけば、また 小ユニットみたいなのが二つぐらいできる と思うんですよ。そうやってまあ ユニットたちがドサ回りとかツアーとかできれば また足腰強くなると思うんで(以下略)」

そんなステップを踏んで、いずれは世界を視野に入れた大きなステージを目指すのだそうですが、どうもその進め方を聴いたら さくら・おとめ を思い出してしまって、良いことなのかどうかという判断はつきませんでした。
オンエアされた2012年9月当時、すでに『One・Two・Three』『ワクテカ take a chance』のリリースイベントで3〜4人のチームに分かれて全国を飛び回っていたのですが、どこだったか中高生メンバー4人のチームがショッピングモールの往来に「あの、モーニング娘。ですぅ」なんて声をかけている姿が、ちょっと痛々しい感じがしてたんですよね。
ここにトークやミニライブを乗っける未来ってのがちょっと見えてこない感じでした。



ひとりだから達成できること

だから一人で見知らぬ土地に出向く今回のイベントは、今後の展望をうかがう上で あれから半年経って何が変わったか、そして、たったひとりのモーニング娘。メンバーがどれだけの人に迎えられるかを確かめる試金石だったんだと思うんです。
そんなことを考えて 恐る恐るTwitterのタイムラインを見ていたのですが、上のTogetterにまとめられた まるで観光旅行を楽しんでいるかのような余裕の表情ですね。何より地方ラジオを聴いてみると、きっちり自分の仕事をしていて頼もしさを感じました。
特に鞘師なんてエライ気合いの入り様で、ちょっと笑ってしまいました。もし一人じゃなかったら、いつもリリースの度にお世話になってるbayfm『ON8』あたりだったら、あの勢いはたぶん一緒に出たくどぅーあたりに取られてるんじゃないかな(笑)
佐藤・小田の年少組にはかなりタフだったと思うんですが、その分得られたものも大きかったのでは。


9期のFCツアーの映像で「ひとりだと出来ないけど4人だから実現できた」みたいなことをみんな口々に言っていてのが印象的でした。が、いま10期も含め、次のステップに進んでいる今の彼女たちは、誰かに頼ることが出来ない状況でひとりきりだから得られるモノってのが大きいたんじゃないかと思います。
人前に出てしまったら、あとは自分が「やるっきゃない」ですから。
えいや!でやろうと試みて、それを実際にできるメンバーになっていた。そして同時にできる子たちであるという評判が地方のファンにも伝わっていた。つまり、準備は出来ていた、だから、企画は当たった。そういうことだったのだと思います。
現状ひとりで出来るのだと知れたのは大きい。




昨年来ファンの間で議論が熱さを増している【握手会の是非】がありますが、これにはもちろん反対です。
昔々の娘。ドキュメント2005で、飯田さん卒業後の当時の5期6期が口々に「稽古がしたい」「歌やダンスに自信がない」「オーディション以来レッスンをしていない」と訴えていたインパクトがいつまでもわたしの頭にこびりついています。
ファンの顔を見知るほど繰り返し握手して物販するよりも、先を見据えたレッスンを用意してあげて欲しいという思いに溢れます。


でも、今回のような企画は必要かつ有効なプロモーション活動だと捉えています。未だテレビが「とあるふたをされている」状況が続く中、草の根運動的にふだん訪れない土地に出向いて、初めて出会う人に顔と名前を知ってもらうことはとても重要だと思います。
新しいファンは彼女たちがこれから大きくなる上での力になりますし、やがて大きくなった彼女たちが多くの人たちに見てもらえているようにするにはいま出会っておく事が不可欠なのです。目標は大きい方が良い。彼女たちにとって自分を大きくするための前向きな活動だととらえられます。
メンバーのブログを見ると同世代の人たちが非常に多く集まったといいます。狙い通り(って言い方は悪いけど)にお初参加の春休みの中高生が集まってきていたようです。
「今度はみんなで歌いに来ますねー」
なんて言い残してたら面白いんだけどな。
それが叶ってメンバーとお客さんが再会できたら、きっと忘れられないと思うんですよね。ふだん凱旋コンの機会がない飯窪さんが熊本でハニー色のサイリウムライトに迎えられたら素敵だと思いませんか


そうして終えた大イベントですが、まーちゃんのブログに「明日はボイトレ」 と書かれてありました。バランス良く活動してもらえるなら申し分ないです。この先が楽しみになりました。