テレ娘。

「テレビで見かけた娘。さんたち」 略して、テレ娘。 テレビ好きの目線から、画面に映った娘。さんたちについて触れます。

※ことわりなくツイッターの発言をお借りする場合があります。不都合がありましたらコメント欄にてお知らせください。

仔犬のワルツ(第三話)

仔犬のワルツ(第三話) - テレ娘。
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、人形への寵愛が流行っているそうです。なっちを見ていて、ふと思い出しました。
今回、ドラマの中に近松文学の人形劇が出てきて、葉音と芯也の姿を予告するように、主人公の男女が死んで結ばれる最後を描いています。他の候補生たちが尖って自己主張をし続けるのに対し、きれいな顔を表情一つ変えず自分の意思を示さないなっちは、まるで人形。いたずらに愛情を注がれる姿も、転んで立ち上がれないままでいる姿も、邪魔扱いされたり放っておかれる姿も、すべて他者の意のままに玩ばれてしまう弱い存在。
死んだ息子の言葉を借り、「悪魔の操り人形を制するには、自分が神になれば良い」と水無月学長は話していました。操られるままでいる葉音が、その手から逃れられるかが、このドラマのテーマなのかもしれません。野島作品だということを考えると、操る手を逃れるのと引き換えに命を失ってしまいそうですが。

その他、雑感。
杉浦幸って、あややに似てる。
杉浦幸三浦理恵子が話す鏡合わせの構図は好き。三浦理恵子が音大の声楽科というのは笑うところ。
・チョコレートは明治。こういうコントを入れてくるとは。
・歌乃の台詞は梨華ちゃんより酷い。

広告を非表示にする