読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テレ娘。

「テレビで見かけた娘。さんたち」 略して、テレ娘。 テレビ好きの目線から、画面に映った娘。さんたちについて触れます。

※ことわりなくツイッターの発言をお借りする場合があります。不都合がありましたらコメント欄にてお知らせください。

Juice=Juiceの土ドラ『武道館』のプロジェクトを妄想してみる

Juice=Juiceがフジテレビのドラマで主演!? そんな降って湧いた知らせに、界隈は大きな騒ぎの一日になりました。 内田アナ「つんく♂さんが、来年放送のフジテレビの連続ドラマ『武道館』に登場するアイドルグループをプロデュースすることが分かりました。…

愛情イッポン

今やっている日テレのドラマ「ラストプレゼント」を見終えたところで、チャンネルそのままに別のことしてたら、「Yeah〜めーっちゃホーリデー」と踊り歌う見慣れた姿が。ドラマのCMに、あややに高橋と亀井(モーニング娘。)。一瞬、何が起こったのか分から…

東京湾景

哀川翔と佐藤隆太の行きつけの飲み屋でかかっている曲、この前は「女子かしまし物語」で、今日はあやや。哀川翔が愛ちゃんファンで、部屋にはミニモニ。のポスターが貼ってあって。 なんでこんなにハロプロに肩入れしているんでしょ、このドラマ?

仔犬のワルツ

いくつもの不明点を残して終わりました。一番の注目であった二人の最後さえも殻に閉じたまま。最後に残ったのは、晴れた空と銃声だけでした。 一つの仮定として私は、あの結末は映像とするにためらわれる悲しい結末であったから敢えて映さなかったのでは、と…

仔犬のワルツ

宮西刑事だったか。 葉音の目を拡大し 姿が現れた時、ちょっと薄気味が悪くなり鳥肌が立ちました。これまで長い間、怪しい様子など微塵も見せず、隠しに隠し続けましたね。分からないことだらけで、気持ちのどこかでは早く終わって欲しいとも思っていました…

仔犬のワルツ

そんなアホな!って展開は今週も止まりません。律子が母親だなんて、人間交差点(ヒューマンスクランブル)のように複雑な人間関係の絡み合い。いや、あんなに話がうまく出来ていればいいのだけど、これはいくらなんでも無理矢理すぎる。 葉音がドアを開けた…

仔犬のワルツ

土日の録画をちまちま見ています。野島ドラマが全盛の頃、次々に展開が変わっていくことから「ジェットコースタードラマ」と称されたドラマが流行っていました。吉田栄作・田中美奈子・山口智子が出てた『もう誰も愛さない』が有名ですね。短くて衝撃的なシ…

ほーむめーかー 最終回

色々と揺れた山路家でしたが、最後はこれまでの生活に戻って終わりましたね。 裕ちゃん演じたいずみは、何事にもまっすぐで、愛情と情熱に溢れていて、とても魅力的な主人公でした。キレないように気をつけることが今週のテーマの一つでしたが、喜怒哀楽を存…

ほーむめーかー

バブリーな展開の最終週。山路家は盛り沢山に色んなことが起きてますが、ほんとに明日最終回を迎えられるの?

仔犬のワルツ

犬神家キャラが出てきたこともあり、乱歩や横溝の古典ミステリーのような雰囲気が出てきています。 皆から容疑者扱いを受ける芯也。自分が鍵ニと双子の兄弟で、摩り替わった鍵ニだと嘯く譜三彦。兄弟の筆跡を真似することが出来る唱吾。謎を深めるポイントは…

ほーむめーかー

今週の裕ちゃん、長台詞が多くないですか? 基本 半分コントみたいなもんなので、演技力云々の話は半ば強引に中澤ワールドに引きずり込んで関係ないものにしているけれども、雑誌のインタビュー記事の対談相手のプロフィールを延々覚えるのはしんどそうだな…

もっと恋セヨ乙女

この作品、前作をやっている頃、チャンネルを回していてすれ違ったことがあって、面白そうなのでちゃんと見てみたいと思っていたのです。引き合わせてくれたよっすぃ〜に感謝。この時間の15分ドラマには、ちょくちょく地味に当たりな名作が見られると聞きま…

ほーむめーかー

理恵さん(網浜直子)の家が、「光とともに」の鈴木杏樹の家とかぶります。最近の教育ママは、とても重いものを背負っているのだなあと、半ば同情に近いものを覚えます。お金をかけ、母子の心がささくれるほど教育を施した先には、どんな成長が待っているの…

ほーむめーかー

祝日が挟まらなくなり、オトナ向けな内容にシフトしています。これも昼ドラの通例なのかしら。身近にどろどろな関係が出てくるようですが、全部いずみがなんとかしちゃうのでしょうか。

仔犬のワルツ

パターン化してます。誰か仕掛け人がゲスト講師として呼ばれ、妙なテストをする。テストを進める中で、候補生の中の一人の弱みが見れる。その裏で、仕掛け人はひっそりと殺されている。といったところでしょうか。別にそれ自体はどうこうとは思いません。た…

ほーむめーかー

ゴールデンウイーク最終日に合わせた急展開。高層マンションvs.不動産屋という構図は、番組全体を通じた長いテーマになるのかと思いきや、この流れは今週中に収まってしまうのかしら。

仔犬のワルツ(第三話)

最近、人形への寵愛が流行っているそうです。なっちを見ていて、ふと思い出しました。 今回、ドラマの中に近松文学の人形劇が出てきて、葉音と芯也の姿を予告するように、主人公の男女が死んで結ばれる最後を描いています。他の候補生たちが尖って自己主張を…

ほーむめーかー

昼ドラって一週間単位で内容が区切られるのかしらね。揉め事がひと段落し、ようやく帰ってきてくれた旦那様に、こっちまでうれしい気持ちになりました。が、幸せムンムン過ぎて気恥ずかしくなります。 まだ結婚していることをご近所さんに言わないいずみ。案…

ほーむめーかー

いずみ(裕ちゃん)のペースが周りに馴染みはじめ、段々と魅力が出てきました。普段キレやすい性格なのに、理恵(網浜直子)にさんざんなことを言われてもグっと耐えるあたりはいいです。でも、結婚していることは早く言ったほうがいいと思うぞ、大輔のため…

ほーむめーかー

「京都府出身、中澤裕子30歳、今日もハイテンションで頑張りま〜す」(道重風) いずみ(裕ちゃん)のテンションは相変わらずですが、ご近所さんから付かず離れず、子供たちには自分の家の秘密基地を提供したりして、自分中心のペースが出来てきそうな感じで…

ほーむめーかー

裕ちゃん主演ドラマがスタート。なんというテンションなのでしょう。 不器用でテンションが高くてすぐキレるという役どころは、裕ちゃんにとてもハマっています。今日はちょっと勢い余って、わがまま行動が目立ってしまいましたが、今後、主人公・いずみの持…

羅生門(BS2)

お芝居の世界は疎いので、垣間見る機会を与えてくれた圭ちゃんに感謝。卒業したメンバーが活躍することで、こうした異文化交流がかなうのはうれしいことです。彼女の出演についてあちらこちらで好評を見かけましたが、立派につとめてましたね。歌はすぐに見…

仔犬のワルツ(第二話)

なっちに、特に強い思い入れはありませんが、ドラマはちゃんと見たいので録画しました。 起承転結の「承」が動き出しましたね。ようやく、それぞれの行動の「理由」に焦点が向けられました。お金や権力に執着する理由、ピアノを弾きたい理由、裏で手を組む理…

仔犬のワルツ(第一話)

仔犬のワルツはじめて設定を聞いたときは、小泉今日子の『少女に何が起こったか』を思い出した。大映ドラマを今やったらこんな感じか。暗い雰囲気は嫌いではないし、現実と離れた世界を描くのも自由だが、見ていて惹きこまれるシナリオではない。 ドラマは夢…